ストロベリームーン2019年6月17日 あなたは赤い月が見えた?

ストロベリームーン コラム・つぶやき

昨日、2019年6月18日はストロベリームーンの日でした。
 
ストロベリームーンとは、ネイティブアメリカンの考えによるもので、毎月の満月に名前をつけていますが、6月はアメリカではいちごの収穫時期でもあり、それでストロベリームーンと名付けられたという説もあります。※諸説あり
 
私が「今夜はストロベリームーン」ということに気がついたのは、昨夜の22時すぎ。
 
慌ててベランダから外を見てみたらしっかり満月が見えましたが、赤くありません。
 
ヤフーのニュースには大阪で撮影された赤い月の画像が出ています。
 
我が家は関東だから赤く見えない?
 
朝起きて、なんとなく気になったので調べてみたら、月の角度にもよるようですね。
 
そもそもなぜ6月の月が赤く見えやすいのかというと、夏至に近い時の満月は高度が低いために光の加減で赤く見えやすいとのこと。
 
ちなみに、今年の夏至は6月22日(土曜日)です。
 
まさに昨日の満月は、夏至に近いですね。
 
もちろん、6月の月だけが赤く見えやすいわけじゃなく、高度が低ければ見えやすいということです。
 
私が見た時は月がだいぶ高く見える位置にきた時だったので、いつもの白っぽい月となりました。
 
ちょっと見逃してザンネン!
 
そういえば、数年前に、スーパームーンをしっかり見たこともあります。
 
その時はスーパームーンという存在自体も知らずに、家族で車に乗っていたら、不気味なほどに黄色く大きな月が目の前に現れ、家族で「あれ、何?」と慌てたことがありました。
 
一瞬、異空間にいたような感覚でした。
 
宇宙の神秘。調べてみると興味深いことがいっぱい出てきそうですね。
 
それにしても、今は、ストロベリームーンというと、うっかり、ドラマのストロベリーナイトという言葉が出てきます。笑
 

タイトルとURLをコピーしました