まるで緑のおばさんみたいと話題の七面鳥!実は交通整理じゃなく…

七面鳥 話題のニュース

日本ではカルガモの引っ越しが話題になりますが、今日のテレ朝系「羽鳥慎一のモーニングショー」で紹介されたのは七面鳥が道路を横断する話題。
 

 
場所は、アメリカ・ニューハンプシャー州の道路。
 
1羽のオスの七面鳥が行き交う自動車を止めて、仲間が安全に道路を渡り切るように誘導しているように見えます。
 
そのためネットでは、「まるで緑のおばさんみたい」と動画へのコメントが集まっています。
 
確かに、尾の羽をめいっぱい広げて注意の喚起をしていて、緑のおばさんが「横断中」の旗を広げて車を止めているようにも見えます。
 
七面鳥
 
そこで、番組ではこの七面鳥の行動について専門家である伊豆シャボテン公園の中村園長に意見を伺ったところ、、
 
このオスは尾の羽を広げているのは求愛行動なのだそうです。そういえば、クジャクも求愛行動の時に同じように尾の羽を広げますね。
 
そして道を横断しているのはみんなメスの七面鳥達。
 
めいっぱい広げて愛をアピールしているのだそうですが、メス達は目に求めずにサッサと歩いていきます。
 
最後の方のメスは、オスにみつからないようにオスの後ろ側を歩いているようにみえてきますね。
 
そして、最後のメスが目の前を通りすぎ、もう脈はないと諦めたオスの七面鳥は、最後のメスの後ろをトボトボと歩いていきます。
 
ということを聞いて、再び動画を見ると、最初は感動動画に見えていたのに、急になんともいえない切なさも感じられる動画に見えてきますね。
 
また、別な説では、
 
ハーレムのメスを他のオスに奪われないように、またキツネ等の敵から守るために監視しているのが、たまたま道路の真ん中だったという説も。
 
真実は、どうなんでしょう!?
 

タイトルとURLをコピーしました